独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

平成28年度 独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 145 106 186 298 551 925 2002 2104 1504 273
当院を平成28年4月~3月に退院した患者さんの人数を10歳刻みで集計しております。年齢は入院時の年齢になります。
年齢階級別に見ますと、当院は40代の患者さんから徐々に増え、60~80代の患者さんが全体の69.3%となっており特に多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科(第一循環器内科・第二循環器内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 510 3.52 3.06 0.39 67.27
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 310 5.93 4.71 0.97 68.52
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 225 7.03 5.51 1.33 62.74
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 160 19.68 17.95 20.63 79.46
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 143 11.47 11.38 6.29 78.17
狭心症や不整脈、心不全の患者さんを多く診ております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 75 36.33 24.70 16.00 69.27
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 70 26.97 21.94 15.71 70.34
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 副傷病なし 36 17.75 16.98 11.11 77.81
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 15 36.87 23.36 6.67 69.93
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 13 32.15 28.23 69.23 69.38
 弁膜症、大動脈瘤や虚血性心疾患の患者さんを多く診ております。
また「短期滞在手術等基本料3」等の対象のため上記のデータには反映されていませんが,下肢静脈瘤手術(抜去切除術、レーザー治療)による入院も多く行っております。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 30 21.53 14.91 0.00 67.00
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 15 16.40 12.20 0.00 61.60
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 6.62 6.12 0.00 54.92
100061xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14.97
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 11.48
糖尿病(1型及び2型)の患者さんを多く診ております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 6.63 5.79 0.00 3.25
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 6.02
150070x0xx01xx 川崎病(2歳以上) 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 10.85
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 7.82
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43
川崎病等の小児循環器疾患の患者さんを多く診ております。また、小児循環器疾患で当院通院中の患者さんが急性気管支炎等な罹られた場合も入院加療を行っております。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 105 20.72 16.83 0.00 63.37
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 70 42.47 41.96 2.86 59.31
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 48 24.75 17.63 0.00 70.58
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 25 39.64 36.08 8.00 68.24
130030xx99x2xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等22あり 24 41.54 29.46 0.00 75.29
非ホジキンリンパ腫や急性白血病の患者さんを多く診ております。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 19 12.26 16.83 0.00 58.89
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 17.63
060035xx99x61x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病あり 7.90
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 12.35
130030xx99x6xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等26あり 19.21
肺癌・乳癌・胃癌・大腸癌・膵癌・悪性リンパ腫・成人T細胞白血病・軟部肉腫・原発不明癌等、言葉の通りすベての癌種を診療対象にしています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 31 9.10 9.82 3.23 67.52
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 12.53 11.06 0.00 78.26
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 17 7.76 4.42 0.00 61.24
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 16 3.88 12.35 0.00 73.44
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 10.20 10.93 0.00 73.47
食道や結腸の悪性腫瘍の方で化学療法の患者さんを多く診ております。
また「短期滞在手術等基本料3」等の対象のため上記のデータには反映されていませんが,内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術での入院も多く診ております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 9.32 7.61 4.00 61.68
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 27.10 15.92 20.00 72.65
060335xx0100xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 胆嚢摘出術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 17.00 14.56 12.50 74.31
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 10 15.40 8.57 10.00 75.50
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 20.58
胆嚢、結腸等 消化器系腫瘍(良性及び悪性)の患者さんを多く診ております。
また「短期滞在手術等基本料3」等の対象のため上記のデータには反映されていませんが,鼠径ヘルニアによる入院も多く診ております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 95 8.28 7.47 0.00 54.59
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 89 6.70 8.12 0.00 21.01
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 78 7.46 7.75 0.00 54.79
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 13.42 14.06 0.00 67.80
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 36 14.44 14.13 0.00 67.75
耳鼻咽喉科系の慢性疾患及び腫瘍(良性及び悪性)の患者さんを多く診ております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 33 14.79 7.44 9.09 79.39
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 19 16.63 13.39 0.00 67.58
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 19 22.11 15.07 5.26 66.26
110060xx99x21x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病あり 18 23.39 22.94 0.00 70.56
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 18 20.50 9.98 11.11 75.72
膀胱・前立腺等の腫瘍(良性及び悪性)の患者さんを多く診ております。
また「短期滞在手術等基本料3」等の対象のため上記のデータには反映されていませんが,前立腺がんの検査である前立腺生検による入院も多く行っております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 94 8.13 5.12 0.00 61.98
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 手術・処置等2なし 71 2.14 3.31 12.68 33.97
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 39 5.87 4.73 0.00 58.15
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 39 14.36 13.29 5.13 55.21
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 39 7.95 10.05 41.03 48.56
子宮頸・体部等 女性生殖器系腫瘍(良性及び悪性)の患者さんを多く診ております。
また「短期滞在手術等基本料3」等の対象のため上記のデータには反映されていませんが,子宮頚部の悪性腫瘍等に対する、子宮頚部切除術による入院も多く行っております。
皮膚科(皮膚腫瘍科・皮膚科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 157 4.53 8.78 2.55 79.73
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 79 2.54 5.11 0.00 48.41
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 32 2.63 6.76 0.00 42.13
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 25 14.12 14.87 4.00 68.24
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 17 5.24 8.49 5.88 74.47
皮膚の腫瘍性疾患に特化した診療を行っています。
神経内科(脳・血管内科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 102 20.90 16.54 40.20 71.31
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 66 4.86 5.24 1.52 72.67
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 51 6.75 6.38 5.88 69.45
010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 18.81 18.76 32.26 76.97
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 26.41 19.35 74.07 74.78
脳梗塞の患者さんを多く診ております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 20.83 11.83 34.78 78.43
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 19.85 9.87 23.08 80.23
010040x101x1xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 脳血管内手術+脳動静脈奇形摘出術等 手術・処置等2あり 10 46.10 40.41 100.00 67.60
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 11.00 7.52 30.00 76.80
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19.35
脳内出血や硬膜下出血の患者さん、また、脳梗塞までは至らなかったものの脳動脈に閉塞や狭窄が見られた患者さんを多く診ております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 12 1 6,7
大腸癌 17 30 39 10 20 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌については、胃癌・大腸癌の患者さんを診ており、胃癌・大腸癌についてStageⅣの患者さんが多くなっております。
また、当院は5大癌以外の癌(血液内科、腫瘍内科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、婦人科、皮膚腫瘍科・皮膚科)を多く診ております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 15.64 57.00
中等症 32 11.75 77.34
重症
超重症
不明
当院は他の疾患で入院された患者さんが併せて肺炎を持たれていた場合が主となります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 47 7.02 69.70 4.92
その他 14 7.36 70.14 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 339 22.40 75.58 37.16
その他 62 16.42 70.21 3.49
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 33 10.33 71.15 2.78
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院は、発症直後の急性期の患者さんが多くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科(第一循環器内科・第二循環器内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 270 3.26 4.19 1.85 69.58
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 139 2.32 3.99 0.72 63.97
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 115 0.00 14.19 5.22 68.43
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 89 2.01 3.75 3.37 61.45
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 78 3.73 6.09 8.97 78.33
 カテーテルを使用して、狭くなった血管に対してステントという金属でできた支えとなるものを血管内に留置して血管を拡げたままの状態を保つ手術や心房細動等に対して異常を来している箇所をカテーテルで焼灼する手術を多く行っております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 45 7.11 20.20 17.78 69.73
K5551 弁置換術(1弁) 44 9.48 24.14 18.18 73.91
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 37 9.00 30.49 13.51 68.14
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他のもの)) 30 7.00 19.03 16.67 71.67
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 29 5.62 10.00 13.79 77.76
 冠動脈疾患に対する心拍動下、心停止下冠動脈バイパス術や、心臓弁膜症では右肋間小切開低侵襲手術や弁置換に変わる弁形成、弁再建術をを積極的に取り組んでいます。腹部大動脈瘤では開腹による従来の人工血管置換術はもとより、低侵襲血管内治療のステントグラフト内挿術にも積極的に取り組んでいます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 56 0.38 1.79 0.00 69.43
K654 内視鏡的消化管止血術 20 1.95 9.40 5.00 72.05
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 11 1.82 7.64 0.00 68.64
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 11 1.45 8.18 0.00 74.64
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 11 0.82 2.27 0.00 70.82
消化器内視鏡を用いて、消化管癌の早期発見(拡大内視鏡など)および治療(粘膜切除術:EMR、粘膜下層剥離術:ESD)、消化管出血に対する止血術などに積極的に取り組んでいます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 29 2.00 8.83 6.90 62.83
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 2.31 5.08 3.85 69.69
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 24 7.63 26.00 29.17 74.38
K672 胆嚢摘出術 23 2.52 16.43 26.09 74.09
K6335 鼠径ヘルニア手術 17 2.12 7.24 0.00 68.06
腹腔鏡(細い管の先端にカメラの付いたもの)での鼠径ヘルニア(脱腸)手術や、胆嚢炎を伴う胆嚢結石に対する胆嚢摘出術(腹腔鏡及び開腹)を多く行っております。また、高難度の肝胆膵手術および腹腔鏡下胃・大腸手術も積極的に行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 108 1.31 6.08 0.00 55.34
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 97 1.03 4.86 1.03 26.34
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 40 1.08 5.38 0.00 55.45
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの) 27 1.07 1.00 0.00 55.78
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 26 1.00 1.23 0.00 62.88
慢性扁桃炎等に対する口蓋扁桃手術、慢性副鼻腔炎等に対する内視鏡手術を多く行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 43 2.70 14.00 11.63 80.23
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 30 2.53 13.43 0.00 68.50
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 21 1.57 17.29 9.52 75.67
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 2.53 9.35 23.53 68.24
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 17 1.47 14.18 0.00 67.53
膀胱・腎・前立腺の悪性腫瘍に対する手術を多く行っております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867-4 子宮頸部異形成上皮又は上皮内癌レーザー照射治療 62 0.00 0.94 0.00 33.63
K867 子宮頸部(腟部)切除術 58 0.93 2.88 15.52 44.41
K877 子宮全摘術 50 1.58 6.32 40.00 50.98
K879 子宮悪性腫瘍手術 48 2.33 16.04 2.08 58.31
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 42 0.95 4.76 14.29 48.98
子宮頸部の上皮内癌や異形成に対して病変部をレーザーで焼く手術や子宮筋腫や卵巣腫瘍(良性・悪性)に対して子宮全摘術を多く行っております。
皮膚科(皮膚腫瘍科・皮膚科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 202 0.29 4.44 3.47 77.95
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 27 0.22 1.22 0.00 42.85
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 24 0.17 1.67 0.00 40.17
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 24 0.46 1.75 0.00 45.54
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 20 0.40 1.35 0.00 45.35
脳梗塞に対して、カテーテルを挿入し血栓を除去し血流を再開させる脳血栓回収術を多く行っております。
神経内科(脳・血管内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 29 0.83 23.17 51.72 75.14
K654 内視鏡的消化管止血術
K386 気管切開術
K145 穿頭脳室ドレナージ術
K1492 減圧開頭術(その他)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 0.75 20.39 33.33 79.64
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 15 0.20 46.60 100.00 68.53
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 13 2.08 40.23 23.08 55.77
K1742 水頭症手術(シャント手術)
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)
脳出血に対して頭蓋骨に穴を開け血腫を取り除き洗浄する手術や脳動脈瘤が破裂しないようにクリップを掛け、脳動脈瘤に血流が通わないようにする手術を多く行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 13 0.16
異なる 14 0.17
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 40 0.49
異なる
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置の合併症について入院契機病名との同一性について集計しております。
手術・処置等の合併症については、「処置に合併する出血及び血腫」や「心臓及び血管の人工器具等による感染症及び炎症性反応」等があります
更新履歴
2017/09/28
病院情報を公開しました。
2017/10/03
診断群分類別患者数等、診療科別主要手術別患者数等の解説を更新しました。
独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review