独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

リハビリテーション室

部門紹介

rehabilitation_top
   

リハビリテーション室

リハビリテーション室は理学療法士7名、作業療法士2名、言語聴覚士2名が在籍し、主にご入院中の患者さまに対する訓練・指導を実施しています。平成30年度からは循環器疾患と脳疾患の2グループ体制で運営しています。スタッフのほとんどが『がん患者リハビリ』に対応できる研修を履修しており、がんやその他の疾患でご入院中に患者さまに対しても柔軟に対応しています。また、ICUでの早期離床・リハビリ目的のチームが発足し、専任の理学療法士を配置しています。

九州管内を異動するスタッフの様々な経験を活かし、臨床、地域貢献、教育、チーム医療の推進、情報発信等を行います。

 

メンバー紹介 【平成30年4月1日現在】

理学療法士 7名(理学療法士長1名、運動療法主任1名)
作業療法士 2名
言語聴覚士 2名(主任言語聴覚士1名)

トピックス

    • リハビリテーション施設基準

心大血管Ⅰ、脳血管Ⅱ、廃用症候群Ⅱ、がん患者リハビリテーション

 
独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review