独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

脳神経外科

診療科の紹介

治療対象疾患は脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血)、脳腫瘍、頭部外傷、頭痛、脊髄脊椎疾患、認知症、頭痛など脳・神経疾患全般ですが、なかでも脳卒中の診療に力を入れています。
脳卒中は時間との戦いになります。
早期に診断・治療を開始することがその予後を大きく左右することになります。
そのために24時間体制で救急患者随意受け入れ態勢をとっています。
MRI、MRA、ヘリカルCT、DSA、脳血流SPECT、頸部血管エコー、経頭蓋ドプラなどの最新鋭の検査機器を駆使し、脳卒中の早期診断、早期治療に取り組んでいます。
脳卒中の中でも増加傾向にある脳梗塞については、急性期には神経内科と共に血栓溶解療法を、慢性期には頸動脈内膜剥離術やバイパス術などの血行再建術を積極的に行っています。
未破裂動脈瘤のコイル塞栓術や内頚動脈狭窄症に対するステント留置術などの脳血管内手術も行っています。
脳卒中は突然に発症しますが、その原因となる脳血管の変化は症状を出さないまま徐々に進行していきます。
当科では脳卒中発生予防のために脳卒中の危険因子をチェックする脳ドック(頭部MRI、MRA、頸部血管エコー、心電図、血液検査、尿検査など)も行っています。
その他、脊椎脊髄疾患に対する外科的治療も行っています。
平成14年より24時間脳卒中救急を神経内科医とともに行っていますので、いつでも神経疾患救急には対応できるようになりました。
また、シルバー社会に対応し、認知症の検査及び診断も行っております。

スタッフ紹介 【平成29年4月1日現在】

谷口 歩 (Ayumi Taniguchi)
(医長)

専門領域
  • 脳神経外科
学会専門医・資格
  • 日本脳神経外科学会専門医

河井 浩志(Hiroshi Kawai)
(医師)

専門領域
  • 脳神経外科
学会専門医・資格
  • 日本脳神経外科学会認定医

今村 純一 (Junichi Imamura)
(医師)

専門領域
  • 脳血管障害
  • 脊髄外科
学会専門医・資格
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本脊髄外科学会
  • 日本認知症学会
  • 日本頭痛学会
  • 脳卒中の外科学会
  • 日本老年脳神経外科学会
  • 日本小児脳神経外科学会

外来診療曜日・担当表

外来担当一覧表はこちら

受付時間 午前8時30分から午前11時00分まで
診療時間 午前8時30分から午後5時15分まで *ただし、急患についてはこの限りではありません。

初診・再診 今村 谷口 手術日 今村

実績

主な診療内容

当院の特徴ですが、脳の疾患以外の心臓や腎臓の循環器病を合併している患者さまが多く、手術中、手術後の慎重な管理を必要とされます。他科の医療チームとの協力にて手術成績を向上させています。

近年の主な手術の件数

                           
H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年H26年H27年
内頸動脈内膜剥離術CEA 25 17 17 24 30 142223
脳動脈瘤クリッピング術 14 19 25 22 12 231518
血管内手術 14 14 27 10 8 610 14
血行再建術(バイパス術) 7 8 11 5 10 3 4 2

トピックス

脳神経外科のお知らせ

2015.10.5脳神経外科
脳ドックについて
治る痴呆

特発性正常圧水頭症の患者さまが最近散見されます。歩行障害や痴呆傾向、あるいは尿失禁のあるかたは是非一度脳神経外科医にご相談下さい。

特発性水頭症
低髄液圧症候群(立位で頭痛)

原因不明(特発性)あるいは交通外傷後(外傷性)に生ずる起立性頭痛で悩んであられる方が思った以上にたくさんおられます。  この疾患の特徴は座位あるいは立位をとると15分以内に頭痛,頭重感を来す、あるいは増悪する、横になると軽快するというような症状です。単に頭痛のみならず、背部痛、腰痛、四肢痛を伴うこともあり、めまい、耳鳴り 難聴、複視などの脳神経症状、微熱、血圧異常、動悸、胃腸障害などの自律神経症、また記憶力低下、思考力低下、集中力低下、睡眠障害などの大脳機能障害、鬱症状などを伴うことがあります。そのために就業困難となり社会生活に支障を来す方も多いようです。治療法としては保存的治療(安静、十分な水分摂取など)、それで軽快しない場合はブラッドパッチ(自家血硬膜外パッチ)を勧めます。自家血を硬膜外に注入し、その凝固により硬膜の裂け目を塞ぐというものです。

MRI(ブラッドパッチ前) 脳全体が頭蓋底に押しつけられる様な形で髄液間隙が減少しているのわかる。頭頂点外部では髄液腔が拡大(脳の下垂のために)し脳静脈が怒張している。ブラッドパッチ後に下垂の改善が見られます。

パーキンソン病、本態性振戦、ジストニアに対する外科的治療

体の動きが鈍くなり手足がふるえるなどの症状が徐々に悪くなるパーキンソン病では、内服薬による治療が行われます。しかし、治療が開始されてから数年が経過すると、薬が効く時間が短くなり(ウェアリングオフ現象)、また舞踏運動のような薬の副作用がしばしば起こります。このような、内服治療のみで症状改善が難しくなった患者さまに、脳深部刺激術という手術治療が有効な場合があります。  脳深部刺激術は、パーキンソン病以外にも、本態性振戦(手の振るえ)や痙性斜頚(頚部ジストニア、首のねじれ)などの運動異常症で、内服治療の効果がない患者さまでもある程度有効性があります。

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review