独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

腎臓内科

診療科の紹介

腎臓内科診療の3本柱

①腎炎・ネフローゼ症候群

適切なタイミングで検査・治療を行うことにより、治癒や改善が目指せます!

②慢性腎臓病(CKD)

早期に治療介入することにより、将来の透析・脳卒中・心筋梗塞のリスクが減らせます!
当科は鹿児島市慢性腎臓病(CKD)予防ネットワークの腎臓診療医に登録されています!

③末期腎不全

“医学的な要素”と“患者さまの自身の価値観”を踏まえ、血液透析・腹膜透析・腎移植の療法選択を支援します!

①腎炎・ネフローゼ症候群

腎炎は腎臓だけに障害が起きる原発性(一次性)と全身疾患が腎臓に影響を及ぼす続発性(二次性)に大別されます。続発性腎炎を引き起こす全身疾患としては、悪性腫瘍・感染症・自己免疫疾患・糖尿病などがあります。腎炎の種類や程度は多岐に渡りますが、適切な時期に診断し、適切な治療を行う事によって、治癒や改善を目指すことが出来ます。診断のきっかけは検尿による尿蛋白・尿潜血です。検尿異常を認めた場合は是非受診・紹介をご検討下さい。必要な症例には腎生検を行い、早期診断・早期治療へ繋げて行きます。

②慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病(CKD)の患者さまは年々増加しており、国内に1,330万人いるとされ、新たな国民病となっています。慢性腎臓病(CKD)の発症や進展には、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病や、喫煙・肥満などの生活習慣そのものが深く関与しています。慢性腎臓病(CKD)の怖い所は一度進展すると元には戻らないことと、脳卒中や心筋梗塞などの心血管系疾患の強い危険因子となることです。慢性腎臓病(CKD)の進展抑制と心血管系疾患予防には行動変容による生活習慣の改善が必須ですが、この行動変容は一筋縄にはいきません。当科では、教育入院や継続的な外来での関わりを通して、行動変容による生活習慣の改善を含めた包括的な治療にて慢性腎臓病(CKD)の進展抑制を行います。

③末期腎不全

末期腎不全に至った場合の選択肢として、血液透析・腹膜透析・腎移植が挙げられます。それらの選択は、医学的な見地だけでなく十分な情報提供による患者さま自身の主体的な参加の上で行われる事が望ましいと考えています。当科では、慢性腎臓病(CKD)の段階より時間をかけながら療法選択を行い、血液透析・腹膜透析の導入まで継続的に行っていきます(腎移植希望の場合は紹介致します)。

スタッフ紹介 【平成30年4月1日現在】

古庄 正英(Masahide Furusho)
(医師)

専門領域
  • 腎臓内科
学会専門医・資格
  • 日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本透析医学会透析専門医・指導医

外来診療曜日・担当表

外来担当一覧表はこちら

 
腎臓内科    
受付時間
  • 8時30分から11時00分まで(ただし急患は24時間受け付けております。)
診療時間
  • 8時30分から17時15分まで(ただし急患は24時間受け付けております。)
休診日
  • 土・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)
その他
  • 予約の患者さまは、予約時間より前に来院されましても、診察や検査を早めることはできませんので、看護師から説明のあった時間にお越しください。
  • 不在予定医師につきましてはお電話またはホームページにてご確認ください。
  • 診療科によりましては、診療・検査予約などが必要な場合がございますので、各診療科へお問い合わせください。
予約センター
  • 直通フリーダイヤル 電話:0120-68-0704 FAX:0120-334-476

実績

※現在準備中

トピックス

腎臓内科のお知らせ

現在お知らせはございません。
独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review