〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町8番1号

リハビリテーション科

平成19年4月に鶴川医長をリハ科専従として迎え,新体制(理学療法士3名から5名へ増員,心リハ専従看護師配属)となりましたリハ科ですが,平成27年1月1日は,理学療法士6名・作業療法士2名・言語聴覚士2名・心リハ専従看護師2名・医長1名の13名体制となっています。九州グループの異動発令によりスタッフに異動がありますが,できるだけすぐに溶け込みやすい雰囲気つくりを行い,スタッフ一同元気に明るく頑張っています。

  • (1)心リハ部門

 平成19年5月1日から開始した包括的心リハですが,虚血性心疾患・慢性心不全・心臓血管外科術後患者の集団運動療法・集団教育指導・個別理学療法を行っています。日本心リハ学会認定心リハ指導士が3名在籍し,日々の臨床において常に運動処方やリスク管理,再発予防の重要性を意識した診療を行っています。同学会では毎年演題発表を2〜3題行っています。

  • (2)脳血管疾患リハ部門

 脳血管内科および脳神経外科の入院ケースにおいては, SCU・ICUでの早期リハ介入と同時に退院時運動指導にも重点を置くシステムをとっています。平成25年度からOT/STが2名体制となりさらに充実したリハを提供できるようになりました。超高齢患者・元来ADLの低下していた患者・重症脳出血後患者に対し,主治医・病棟スタッフ・MSWと協力しながら治療に取り組んでいます。

  • (3)がん患者リハ部門

 平成22年度からがん患者リハ料という保険算定制度が新たに導入されましたが,当院は平成23年1月に厚労省主催のワークショップに参加し,平成23年2月より同算定を開始しています。現在がん患者リハ料算定可能な療法士が4名在籍し,頭頸部がん・血液がん・消化器がんなどの周術期・化学放射線療法患者へ対応しています。平成25年5月に「がんのリハガイドライン」が出版されましたが,今後はこの領域のエビデンスの高いリハ治療が求められると思います。

  • (4)チーム医療への貢献など

 脳血管内科回診・心臓血管外科術前カンファレンス・耳鼻咽喉科回診・血液内科カンファレンスなど各診療科の業務への参加に加え,NST・緩和ケア・クリティカルパス委員会・医療安全推進担当者会議・呼吸サポートチーム(RST)・褥瘡委員会・クリティカルパス検討会・糖尿病教室・嚥下チーム回診などにもリハ科医長・リハスタッフが参加しています。その他に理学療法士・言語聴覚士学生実習生受け入れ,附属看護学校生への臨床講義,循環器・脳卒中・がん看護エキスパートナース研修生への講義,など院内外の教育への貢献も果たしております。

(平成27年1月1日 文責 リハビリテーション科医長 鶴川俊洋)

外来担当一覧表



ドクターの紹介          【平成27年1月1日現在】


鶴川 俊洋(医長)
(Toshihiro Tsurukawa)
*専門領域*
脳卒中リハ
心臓リハ
がんリハ
*学会専門医・資格*
日本リハビリテーション学会認定臨床医・専門医
日本リハビリテーション学会研修施設指導責任者
日本心臓リハビリテーション学会評議員
同学会認定心臓リハビリテーション指導士
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本がんリハビリテーション研究会理事
日本医師会認定健康スポーツ医
鹿児島県サッカー協会スポーツ医学委員会副委員長

リハビリテーション施設基準(平成23年2月1日〜)


リハビリテーション科 平成25年度 論文・発表・講演・研究助成報告書実績

  • 原著論文(和文)
  • 吉田和史
  • 榎木大介
  • 山野朋博
  • 吉永隆一郎
  • 田場要
  • 鶴川俊洋

Stroke care unitにおける作業療法士の役割
鹿児島リハビリテーション医学研究会会誌 24(1):3-6,2013.8.1

  • 著書、総説
  • 辻哲也
  • 生駒一憲
  • 佐浦隆一
  • 田沼明
  • 鶴川俊洋
  • 水落和也
  • 水間正澄
  • 宮越浩一
  • 村岡香織

公益社団法人日本リハビリテーション医学会 がんのリハビリテーションガイドライン策定委員会 「がんのリハビリテーションガイドライン」第2章 29-52  2013年4月20日

  • 学会報告
  • 鶴川俊洋

当院の心大血管リハビリテーションの経過報告 〜第3報〜
第50回 日本リハビリテーション学会学術集会 東京 2013年6月14日

  • 田場要
  • 山下真由子
  • 鶴川俊洋

頭頸部がん放射線療法群におけるリハ介入基準の検討 -当院における頭頸部がん患者に対する言語聴覚士介入の現状(第2報)-
第14回 日本言語聴覚学会 北海道 2013年6月28日

  • 鶴川俊洋
  • 椎原香美
  • 堀千奈美
  • 橋本睦美

当院の心大血管リハビリテーションの経過報告 〜第3報〜
第19回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 宮城 2013年7月13日

  • 鶴川俊洋
  • 椎原香美
  • 堀千奈美
  • 橋本睦美

心臓リハビリテーションの普及活動2 〜リハ科専門医による研修医教育〜
第19回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 宮城 2013年7月14日

  • 椎原香美
  • 鶴川俊洋
  • 橋本睦美

重症心不全・心臓手術からフルマラソンを完走する運動耐容能を獲得した一症例
第19回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 宮城 2013年7月14日

  • 山野朋博
  • 橋本睦美
  • 稲富真理恵
  • 田場要
  • 吉田和史
  • 吉永隆一郎
  • 鶴川俊洋

当院での脳卒中連携クリティカルパス運用に対しての問題点
日本医療マネジメント学会第12回九州・山口連合大会 山口 2013年10月11日

  • 鶴川俊洋
  • 田場要
  • 宮永朋子
  • 中村康典
  • 松元幾代

当院におけるNST活動及びNST専門療法士認定教育研修の現状報告
日本医療マネジメント学会第12回九州・山口連合大会 山口 2013年10月11日

  • 鶴川俊洋
  • 吉永隆一郎
  • 山野朋博
  • 稲富真理恵
  • 橋本睦美
  • 山野朋博
  • 吉田和史
  • 田場要

急性期病院におけるリハ科専門医の役割
日本医療マネジメント学会第12回九州・山口連合大会 山口 2013年10月12日

  • 吉永隆一郎
  • 鶴川俊洋
  • 山野朋博
  • 稲富真理恵
  • 吉田和史
  • 田場要

Stroke care unitを持つ急性期脳卒中病棟におけるリハビリテーション科業務の再検討
日本医療マネジメント学会第12回九州・山口連合大会 山口 2013年10月12日

  • 稲富真理恵
  • 榎木大介
  • 橋本睦美
  • 山下真由子
  • 山野朋博
  • 吉永隆一郎
  • 鶴川俊洋

鹿児島医療センターリハビリテーション科の活動報告 −脳卒中リハ部門の現状と取り組み 軽症群に対する運動指導 第2報−
第67回 国立病院総合医学会 石川 2013年11月9日

  • 山下真由子
  • 田場要
  • 鶴川俊洋

当院における頸部郭清術後(副神経温存)の僧帽筋麻痺に対するリハビリテーション
第67回 国立病院総合医学会 石川 2013年11月9日

  • 稲富真理恵
  • 榎木大介
  • 橋本睦美
  • 山下真由子
  • 山野朋博
  • 吉永隆一郎

当院における急性期脳卒中患者に対する再発予防のための運動療法指導の取り組み
第35回 九州理学療法士・作業療法士合同学会 熊本 2013年11月23日

  • 研究会・その他
  • 吉永隆一郎
  • 山野朋博
  • 鶴川俊洋

リハビリテーション科業務の特徴と今後への取り組み
平成25年度 鹿児島・宮崎県合同研修会 宮ア 2013年6月22日

  • 田場要

摂食・嚥下障害〜がん患者への対応〜
国立病院機構九州ブロック 平成25年度理学・作業療法士特定技能派遣研修会(T) 
福岡 2013年7月4日 

  • 田場要

いま、言語聴覚士に求められている対人援助 『がん患者に対する援助』
第3回日本言語聴覚士協会九州地区合同学術集会 福岡 2013年8月3日

  • 石原亮一
  • 加茂美由紀
  • 大塚智子
  • 鶴川俊洋
  • 佐藤真司

心リハ開始初期の自転車エルゴメータ運動においてBorg13は血圧変動の面から安全な指標となるか?
第7回九州心臓リハビリテーション研究会 福岡 2013年9月8日 

  • 田場要

嚥下障害の基礎―対応と方法―
鹿児島県介護実習・普及センター 「やさしい介護教室」 鹿児島 2013年11月30日

  • 鶴川俊洋
  • 椎原香美

当院の心大血管リハビリテーションの現状報告
鹿児島県心臓リハビリテーション研究会 鹿児島 2014年1月25日

  • 山野朋博
  • 椎原香美
  • 鶴川俊洋

心原性脳塞栓症から2年後に重症急性心筋梗塞を発症した後も外来心臓リハビリテーション継続によって安全にQOLを保つことのできた一症例
第28回 鹿児島リハビリテーション医学研究会 鹿児島 2014年3月1日

  • 学術講演会
  • 鶴川俊洋
  • 椎原香美

鹿児島医療センターにおける外来心臓リハビリテーションについて
心臓リハビリテーション講演会 −飯塚− 福岡 2014年1月20日

平成26年度 リハビリテーション科 トピックス

4月25日〜26日 九州グループ 新規採用者研修(福岡) 参加(PT)
5月7日 鹿児島大学医学部保健学科理学療法学専攻 総合臨床実習(1名)開始 (8週間)
6月1日 第11回脳卒中市民公開講座(鹿児島) (MD,PT)
6月5〜6日 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会(名古屋) 発表・座長(MD)
6月9〜13日 NST専門療法士実地修練研修(久留米) 受講(ST)
6月13〜14日 第16回日本医療マネジメント学会学術集会(岡山) 発表(MD,OT)
6月21〜22日 平成26年度日本理学療法士協会主催がんのリハビリテーション研修会(長崎) ファシリテーター(PT)
6月21日 国立病院機構理学療法士協議会 宮崎・鹿児島合同研修会(鹿児島) 参加
6月24〜25日 薬学部学生見学実習(5名,2日間)
6月30日 神村学園理学療法学科 総合臨床実習(1名)開始 (8週間)
7月4日 平成26年度第1回日本がんリハビリテーション研究会理事会(東京) 出席(MD)
7月7〜11日 心臓リハビリテーション研修受け入れ(PT)
7月9〜11日 九州グループ 理学・作業療法士等特定技能派遣研修会(福岡) 受講(ST)
7月10日 九州グループ 理学・作業療法士等特定技能派遣研修会(福岡) 講師(ST)
7月18日〜20日 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会(京都) 評議員会・発表・座長(MD) 発表(PT,NS)
7月19日 「虚血性心疾患の疾病管理プログラムとしての外来型心臓リハビリテーションの効果と普及方策に関する研究」 平成26年度 第1回班会議(京都)出席(MD)
7月24日 鹿児島県サッカー協会スポーツ医学委員会会合出席(MD)
8月12日 一日見学実習 鹿児島第一医療リハビリテーション専門学校言語聴覚学科1年生
8月13日 一日見学実習 鹿児島医療福祉専門学校言語聴覚学科1年生
8月16日 九州サッカー協会スポーツ医学委員会・メディカルミーティング(熊本) 出席(MD)
8月23〜24日 平成26年度日本理学療法士協会主催がんのリハビリテーション研修会(福岡) 講師・ファシリテーター(MD)
9月6日 九州グループ合同協議会(福岡) シンポジウム(PT,ST)
9月14日 第2回鹿児島医歯学総合教育セミナー 座長(MD)
9月19日 がん看護エキスパートナース研修 講師(MD)
9月26〜27日 日本医療マネジメント学会第13回九州・山口連合大会(鹿児島) 実行委員長・座長・発表(MD),発表(PT2,OT,ST)
10月1〜3日 九州グループ 理学・作業療法士等特定技能派遣研修会(福岡) 受講(OT)
10月22日 九州グループ 循環器病看護エキスパートナース研修(鹿児島) 講師(MD)
10月29日 鹿児島心不全フォーラム 発表(MD)
11月9日 平成26年度JSPEN認定NST専門療法士認定試験 受験・合格(ST)
12月1日 心リハ専従看護師1名増員
12月2日 国分生協病院より見学(5名)
12月4日 脳卒中エキスパートナース看護 講師(MS,PT,OT,ST)
12月20日 九州サッカー協会スポーツ医学委員会・メディカルミーティング(福岡) 出席(MD)