独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

大血管・大動脈瘤疾患について

 開胸や開腹を要しない胸部大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術(Thoracic endovascular aortic repair: TEVAR)、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術(Endovascular aortic repair: EVAR)をすでに当院では始めており、現在はその適応を拡大しています。胸部大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術の登場により従来の左開胸下の人工血管置換術症例は減少していますが、呼吸機能障害などの多くのリスクを持つ患者さまに対しては大変有用な治療手段となっています。血管内治療の登場で胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤症例は全国的にみても増加の一途をたどっていますが、この領域に関してもハイブリッド手術室の稼働により手技の安全性も高まりさらに増加していくものと思われます。(図1)

(図1)

a)ステントグラフト内挿術
ステントグラフト内挿術
b)オープンステントグラフト内挿と併用した人工血管置換術
オープンステントグラフト内挿と併用した人工血管置換術
独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review