独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

頭頸部がん

 鹿児島医療センターの耳鼻咽喉科では頭頸部悪性腫瘍に対する幅広い治療を行っています。頭頸部と言われる部分は嚥下・発声・呼吸・嗅覚・味覚などの機能が集約し、衣服で隠れにくいところですので、頭頸部がんの治療の際に生活の質が落ちてしまうことがあります。
そのため頭頸部がんの患者さまには、できるだけ根治をめざし、かつ最大限機能を損なわずにすむ治療を個別に検討しています。

耳鼻咽喉科
 早期がんの場合は適応を吟味した上で、身体に負担がかからないように内視鏡や直達鏡を利用した治療を行っています。

喉頭がんのCO2レーザーによる切除 喉頭がんのCO2レーザーによる切除

咽頭がんに対する経口的咽頭部分切除 咽頭がんに対する経口的咽頭部分切除
(TOVS:経口腔的ビデオ喉頭鏡下手術)

鼻腔がんに対するナビゲーションシステムを利用した手術 鼻腔がんに対するナビゲーションシステムを利用した手術

進行がんで手術が望ましい場合は、腫瘍を大きく切除し、機能の回復のため、様々な腫瘍形成外科的な再建手術を行っています。
摘出手術から再建手術まで一貫して耳鼻咽喉科で行っています。

遊離皮弁による再建術の顕微鏡下血管吻合 遊離皮弁による再建術の顕微鏡下血管吻合
独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review