独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

皮膚腫瘍科・皮膚科について

 九州随一の手術件数をほこる皮膚腫瘍の専門施設です。
 悪性黒色腫(メラノーマ)や基底細胞がん、有棘細胞がん、乳房外パジェット病、血管肉腫などといった「皮膚がん」や、母斑(ほくろ)をはじめとした良性の皮膚腫瘍の診断・治療を専門として行なっています。

皮膚科

 全国でも数少ない、皮膚科専門医と形成外科専門医でスタッフ構成された皮膚腫瘍の専門施設です。
 「皮膚がん」診療については、全国そして世界の皮膚がん診療・研究施設と連携して、患者さま一人ひとりに合った最良の医療を提供します。
 母斑をはじめとした良性の皮膚腫瘍については、美容的な観点からも患者さまに満足していただけるような診療を目指します。


Department of Dermato-Oncology/Dermatology

Our department is specialized for the diagnostics and therapeutics of skin tumor and performing the greatest number of skin surgery in Kyushu.

We are focusing on diagnosis and treatment of skin cancer (e.g. malignant melanoma, basal cell carcinoma, squamous cell carcinoma, extramammary Paget’s disease, angiosarcoma) and benign skin tumor (e.g. congenital nevus).

We constitute our department by special dermatologist and special plastic surgeon, which is rare organization in Japan.

We provide the best medical treatment in collaboration with national and global skin cancer institutions.

We also aim to satisfy with cosmetically after the treatment in patients with benign skin tumor including congenital nevus.

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review