独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

専門外来

専門外来のお知らせ

現在お知らせはございません。

セカンドオピニオンとは

鹿児島医療センターでは、患者さま及びそのご家族を対象に適切な医療情報を提供するためセカンドオピニオン外来を開設しております。
医療技術の飛躍的な進歩、また社会の高齢化にともない治療法は多様化しておりその選択は容易ではありません。
また医療への安心感、あるいは満足度など患者さまの目線に立った医療も求められています。
セカンドオピニオンは、そのような患者さまとそのご家族が現在受けようとしている医療について第三者的立場にある専門家からも意見を聞き十分納得したうえで治療を受けたいという要望に応えるものです。
鹿児島医療センターでは、主治医と患者さまの信頼関係をさらに深め医療の精度をより高める有効な手段となり得るように主治医が安心して資料を託せる専門医が担当するようにしております。
診療は予約制で自由診療となります。通常の診療の域を超え、時間と労力を必要とします。検査の重複をさけるため資料は持参していただき、診療時間は十分余裕をもって設定いたします。
先生方には、紹介に際し保険が適用されるようになっています。

セカンドオピニオン外来を受診できる方

患者本人及びその家族が受けられます。
家族の場合は本人の同意が必要です。
完全予約制ですので下記の事項をご理解のうえ、当院地域医療連携室に連絡しお申込み下さい。

相談内容

これから最も良い医療を受けるための相談です。
治療結果の評価、医療費の内容、医療給付に関すること、医療訴訟の問題は相談の範囲外となります。
また、当院での治療目的の場合は通常の外来受診手続になります。

対象疾患

循環器疾患、心臓血管疾患、脳血管疾患、がん、悪性新生物、血液疾患

相談診療科

全標榜診療科とします。
但し、相談内容によってはお受け出来ないこともあります。

相談日及び担当医

申込書の内容を検討後当院で決定し、なるべく早めに連絡いたします。

準備していただく書類

(ご持参いただけないと受診出来ません)

  1. 診療情報提供書
    現在受けている治療、検査などについて主治医の先生に作成してもらって下さい。
  2. レントゲンフィルム
    CT、MRI、レントゲンフィルムを主治医の先生より借りて下さい。
  3. 検査の結果
    診療情報提供書に記載があれば結構ですが、これ以外にも用意できるようであれば持参下さい。

相談費用

全額自費で健康保険は適応されません。
1時間以内10,800円、以後30分増すごとに5,400円を加算

主治医への報告書の提出

受診された内容は主治医に報告しますので予めご了承下さい。
セカンドオピニオン外来受診申込書: エクセル版 / PDF版
セカンドオピニオン外来相談同意書: ワード版 / PDF版

「セカンドオピニオンを受けられる方へ」

「他院からセカンドオピニオンを受ける時の手順」 「鹿児島医療センターから他院へのセカンドオピニオンについて」

  • お問い合わせ
    鹿児島医療センター地域医療連携室
    〒892-0853 鹿児島市城山町8番1号
    Tel:099-223-1151 Fax:0120-334-476
  • 受付時間
    月曜日~金曜日(8:30~17:15)
    祝祭日、年末年始は除く

平成20年10月からリンパ浮腫外来開設しました。

現在、当院でリンパマッサージを受けられた患者さまは1ヶ月で、左の太ももの付け根周囲の太さが、85.6cm→64.2cmとマイナス21.4cm減少し、下記の写真のように効果がありました。
リンパ浮腫の患者さまにマッサージなどを行なって、最終的には患者さま自身でセルフケアが実践でき快適な生活を送ってもらうことを目的としています。

リンパマッサージ

リンパ浮腫外来のお知らせ

手術や放射線治療を受け、下半身のむくみが出てしまった方に、医師の指示の元で平成20年10月よリリンパ浮外来を開設しております。
リンパ浮腫指導技能者が複合的治療(ドレナージ・圧迫法・運動・スキンケア・日常生活の注意等)を行います。リンパ浮腫の症状の改善と悪化を予防することが目的です。

  • 対象者:婦人科で手術もしくは放射線治療を受け、リンパ浮腫がある方(リンパ浮腫外来を受診するには、当院の婦人科外来の受診が必要です)他の病院で手術・治療を受けた方は、電話連絡の上紹介状をご持参ください。
  • 日時:毎週水曜日 予約制です。
  • 場所:リンパ浮腫外来 (2階婦人科外来)
  • 費用:(平成26年4月1日より改定)
    • 初診:6,170円 初診指導・必要に応じてドレナージ
    • 再診:(1)1,030円 再診指導(相談及び生活指導・計測・ストッキング装着指導・ストッキング注文)
      (2)4,630円 再診指導・技能者によるドレナージ
    • その他:バンテージ加算 下肢1側に付き 1,030円(費用は自由診療の為自己負担となります。)

※詳しくは婦人科外来もしくは東3階病棟でお尋ねください。
鹿児島医療センター リンパ浮腫外来(担当:竹添)電話 099‐223‐1151(代)

平成 22 年 12 月からフットケア外来を開設しております。

私たちの体を支えてくれる足は、一番傷を負いやすい所でもあり、糖尿病の足病変は合併症の一つです。
糖尿病の進行により痛みを感じにくくなってしまったり、体の抵抗力が弱くなったりすることで、靴ずれなどの小さな傷が気づかぬうちに化膿してしまい重症化する事もあります。
また、魚の目、タコ、ひび割れなども足病変の原因となり、最悪な場合は足切断につながる場合もあります。
傷ができたらすぐに手当てをすることはもちろん、魚の目、タコ、足の乾燥にも注意が必要です。
フットケア外来では、足病変に対する知識の提供や実際のケアを行いながら自分でできるケアの方法もお伝えいたします。
また、足のケアを通しながら、糖尿病に対する思いや糖尿病との付き合い方を看護師と語り合いませんか。

対象者 糖尿病の診断があり、当院または他院通院中の方
(初回の場合は情報提供書が必要です・完全予約制)
予約方法 糖尿病内科外来受診時に医師または看護師に相談してください。
日時 毎週月曜日 13:00~16:00(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
1 人:30 分~1 時間
場所 外来棟看護専門外来
担当看護師 赤尾綾子(糖尿病看護認定看護師・日本糖尿病療養指導士)
蓑部町子(日本糖尿病療養指導士)
尾辻真由美(日本糖尿病療養指導士)
藤崎夏子 (日本糖尿病療養指導士)
フットケアの内容 足浴、爪切り(陥入爪、肥厚爪、爪白癬などにも対応)
たこ、魚の目などの除去
正しい靴の選び方の指導やインソール作成
自宅でのケアの方法について指導
費用 保険診療

初診の方は 4,400 円の 1~3 割負担、再診の方 2,400 円の 1~3 割負担別途薬代や諸検査代は加算されます。

フットケア専用の設備

血液内科TOP

フットケアの様子

血液内科TOP
独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review