独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

卒後臨床研修について

院長からのメッセージ

「初期臨床研修」を鹿児島医療センターで始めませんか

独立行政法人国立病院機構 鹿児島医療センター院長
 田中 康博
 鹿児島医療センターは私学校跡(西郷隆盛らが設立)に建てられており、歴史を感じるとともに、鹿児島県の医療の中心を担ってきた伝統がある病院です。位置的にも鹿児島の中心地に在りますが、そのような環境の下で初期研修を始めてみませんか。
 特徴は循環器とがんを専門にして始まりましたが、いろいろな分野が新たに加わり、発展してきました。平成30年春からは410床と増床し、さらに鹿児島県の中心的な病院の一つとして充実する予定です。急性期医療からがんの終末医療、通常の診療から高度医療など幅広い分野をカバーできる病院です。また、地域中核病院とも連携し、都市型医療と地域医療、1次救急から3次救急までバランスの良い研修を提供しています。少し忙しいかもしれませんが、初期研修には最適と思っています。具体的には心臓・大血管・脳・末しょう動脈の循環器疾患(外科的、内科的治療全般)、あらゆる不整脈対する治療、消化器内科・外科(来春より肝臓内科増設)、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、婦人科などの悪性疾患、血液などの悪性疾患(白血病やリンパ腫など)、糖尿病などの内分泌、代謝疾患、小児科、口腔ケアなど歯科領域、さらに第一線の臨床病理、などを学べます。精神科や第一線の地域医療枠は協力病院で研修することができます。幅広い分野を経験することができると思います。
 私は、良い教育ができ、若い人たちが集まり、若い人たちが選択してくれるようになって初めて真の病院と言えると思っています。そのような病院を目指し努力しています。わたくしたちと一緒に医師としての第一歩を踏み出してみてはどうでしょう。初期研修は、今後医療に携わるものにとって非常に大事な時期です。医師としての姿勢、原点が決まる時です。当院のスタッフは質の高い専門分野を取得し、教育指導に熟練しているスタッフが多いですので安心して飛び込んで来てください。研修の時に見た、憧れの先輩像が皆さんの将来を決めることになるかもしれません。一緒に学び、将来の夢を語りましょう。鹿児島医療センターは心より皆さんの臨床研修を歓迎いたします。

指導者からのメッセージ

鹿児島医療センターで初期研修を行うメリット

独立行政法人国立病院機構 鹿児島医療センター
臨床研修管理委員長 菰方 輝夫
菰方 輝夫

鹿児島医療センターは鹿児島県の「循環器病、脳血管障害、がん」の高度医療を支える病院として発展しています。高度医療の質を維持しつつ、初期研修が十分機能するよう、さまざまな取り組みを行っています。

当院での初期研修の特徴

  1. 一次/高度医療を同時研修
  2. 研修医担当の専任秘書の存在
  3. 評価されるカルテ記載能力の獲得
  4. 研修医会議で充実した研修環境整備
  5. 自分にあった自由な研修プログラム作成
1. 一次医療と高度医療を同時に実感しながら研修できます
 当院の年間救急患者数は3,704名、うち救急車搬送数は1,550名と、救急医療を特徴とする研修病院ほど多くはありません。しかし、当院での初期研修においてはこれがメリットに変わります。一人一人の患者さまを救急受け入れから最終的な高度医療による社会復帰まで見守ることができます。最終的治療を考慮に入れることで、皆さんは一次医療に携わる時何が大事かわかってくるはずです。
 高度医療の質を保てる理由は、職員が専門家集団を中心にまとまっているからと考えます。常勤医66名中53名が基本領域とSubspecialty領域の専門医資格を持っています。平成25年7月には救命救急専門医も赴任します。看護師318名中13名もの認定看護師が全病棟に気配りしています。事務部も最大限努力しています。研修病院も広げています。私たちの病院で一次医療から高度医療まで実感しながら研修を積んで下さい。ぜひ一日体験研修に参加して下さい。

2. 専任の秘書が研修を手助けします
 研修医の皆さんだけの専任秘書が、研修がうまくいくよう手助けします。全国的に珍しい取組です。医師になると種々の書類作成から連絡・手配等新たな仕事が発生してきます。研修以外の仕事に惑わされ研修が中断されないよう手伝います。研修に専念して下さい。

3. 研修医時代に評価に値するカルテ記載能力が身につけられます
 初期研修期間中に32項目の「頻度の高い症状」についてレポートを作成する必要があります。平成24年度からこのレポートを退院サマリー形式で提出してもらうことにしました。レポートを研修担当指導医5名(各科指導医とは別に存在します)が添削し、フィードバックします。昨年1年間で研修医の皆さんのレポートやカルテを記載する能力は飛躍的に上達し、目を瞠るものがありました。高い評価獲得者に対する表彰制度も始めました。

4. 研修医会議で充実した研修環境の整備を続けます
 毎月第2、第4金曜日に40分程度の研修医会議を行います。研修医が主催し、全員出席します。秘書、研修医担当指導医、事務部も出席します。研修に不足するものがあったら要望して下さい。平成24年度は研修医専用の心エコー装置を研修医室に配備しました。会議の後半20分程度を使い、持ち回りで経験した症例の報告も行います。お互いの研修到達度も知ることができます。研修医用の宿舎も準備しています。研修環境は毎年整備し続けます。

5. 自分自身で最大限自由に研修プログラムを作成して下さい
 城山コースからは様々な魅力ある研修病院での研修も可能です。鹿児島大学病院は全診療科で研修が可能です。必修科目は履修する必要がありますが、自分に合った研修プログラムを自由に決めることができます。マッチング結果発表直後(11月ごろ)に研修医2年目の先輩の意見も参考にし、研修1年目同士で話し合いながら自分が望む研修プログラムを作って下さい。

以上です。他に知りたいことがありましたら、研修担当秘書の前田までご連絡下さい。お待ちしています。

1. 各診療科の指導医の得意分野

(1) 循環器内科
 心エコー年間約4,000例、心臓カテーテル年間約2,300例、カテーテルアブレーション年間約100例と鹿児島県のトップレベル
(2) 脳血管内科
 脳卒中入院例は年間約500例で鹿児島県のトップレベル
(3) 血液内科
 延入院患者年間400例以上、外来化学療法年間600例以上と経験が豊富、骨髄移植も実施中
(4) 腫瘍内科
 全ての癌の内科的治療を実施。診療開始後1年で、がん薬物療法専門医試験に必要な症例数 (肺癌・乳癌・消化器癌・血液腫瘍全てを含む30例以上)を実施
(5) 糖尿病・内分泌内科
 日本糖尿病学会教育認定施設、並びに日本内分泌学会教育認定施設で、糖尿病の診療及びバセドウ病や橋本病を中心とする甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患などの内分泌疾患全般についての診療実施中
(6) 消化器内科
 消化管疾患、肝胆膵領域の検査および治療を中心として消化器疾患全般の診療に対応、特に炎症性腸疾患、ダブルバルーン内視鏡検査を精力的に展開中
(7) 婦人科
 子宮癌や卵巣癌といった悪性腫瘍の診断・治療をはじめとして、子宮筋腫や卵巣嚢腫といった良性疾患の治療を展開中
(8) 泌尿器科
 泌尿器科専門医教育施設 基幹教育施設に指定され、泌尿器全般にわたる診断治療および血液透析を実施中
(9) 放射線科
 放射線診断部門と放射線治療部門を精力的に展開中
(10) 麻酔科
 手術麻酔と集中治療室の管理及び院内の救急対応を中心に展開中
(11) リハビリテーション科
 学会認定専門医・指導医が心臓・脳卒中・がんの分野のリハビリテーションを精力的に展開中
(12) 小児科
 重症先天性心疾患、遺伝性不整脈、心筋症、小児肥満について全県下から患児が受診中。遺伝性不整脈については、県下のほぼ全例が受診中。
(13) 外科・消化器外科
 科学的根拠に基づいた医療と先端医療の癒合をはかり、完全腹腔鏡下胃・大腸手術をはじめ肝胆膵領域も鏡視下手術並びに高難度拡大手術を実施中。
(14) 心臓血管外科
 心臓および大血管手術症例数 (成人開心術数) は1年間で475例と鹿児島県内トップの症例数
(15) 脳神経外科
 内頸動脈内膜剥離(CEA)は年間20‐30件で、鹿児島県内トップの症例数
(16) 耳鼻咽喉科
 手術件数年間約600例、頭頸部がん症例年間約130例、再建手術を含め機能温存・回復の集学的治療を実施中
(17) 皮膚腫瘍科・皮膚科
 皮膚がんや、良性の皮膚腫瘍の診断・治療を専門として展開中
(18) 病理診断科
 病理診断件数2389件、細胞診断件数2838件と当院の三本柱の一つであるがん診療を支援

2. 各診療科において習得できるレベル

(1) 循環器内科
 心電図、心エコー、心カテ穿刺、右心カテの経験、経皮的冠動脈インターベンションの介助、不整脈の診断・治療
(2) 脳神経内科
 脳波、腰椎穿刺、髄液検査、血管エコー、脳血管撮影、脳血流検査
(3) 血液内科
 骨髄穿刺、血液疾患診断、抗生剤・抗真菌剤の使用法、抗癌剤の投与法
(4) 腫瘍内科
 がん薬物療法および副作用対策、外来化学療法、緩和医療、輸血の管理、(発熱性) 好中球減少症への対応、血友病患者の管理、骨髄穿刺・骨髄生検・胸腔穿刺、腹腔穿刺等
(5) 糖尿病内科
 持続皮下注入インスリンポンプ療法、持続血糖モニタリング、精密眼底撮影、糖尿病/内分泌疾患のコントロール
(6) 消化器内科
 腹部エコー、腹水穿刺、胃管挿入、上部内視鏡、抗癌剤使用法の習得、消化管X線検査の介助
(7) 小児科
 新生児/小児の診察法・治療、小児の心エコー法は完全に習得可能
(8) リハビリテーション科
 関節可動域評価/訓練、徒手的筋力評価/訓練、起居・基本動作評価/訓練、起立・歩行訓練(装具療法)、運動療法・心肺運動負荷試験、嚥下造影検査
(9) 外科・消化器外科
 early exposure を原則に手術に戦力として参加、外科・消化器外科全領域における周術期管理。鼠径ヘルニア根治術、腹腔鏡下胆嚢摘出は術者。
(10)心臓血管外科
 手術への積極的参加、各種ドレーン管理、術野の清潔管理、皮膚切開、縫合、結紮手技、創傷管理の習得、開心術・胸部/腹部手術の立会い
(11) 脳神経外科
 脳波、腰椎穿刺、脳血管撮影、脳血流検査、開頭手術、血管内手術の立会
(12) 耳鼻咽喉科
 基本的外科的・形成外科的手術手技、呼吸困難や嚥下障害の診断・治療(鼻咽腔・喉頭ファイバー、気管切開)、頸部腫瘤・甲状腺疾患の診断、頭頸部がんの手術の助手
(13) 婦人科
 正常分娩の管理/介助、産科手術の介助、婦人科特有の診察法習得、婦人科手術の介助
(14) 泌尿器科
 導尿、腹部超音波検査、膀胱瘻、尿管ステント留置、前立腺生検、血液透析 (HD, CHDF)、泌尿器科的手術への立会い
(15) 放射線科
 各種検査法 (CT, MRI, RI) の適応と評価(画像診断)、放射線治療の適応、有害事象、治療計画作成
(16) 麻酔科
 気管内挿管、全身麻酔及び脊髄クモ膜下麻酔時の麻酔管理
(17) 皮膚腫瘍科・皮膚科
 皮膚腫瘍の診断・治療法(外科療法・がん薬物療法など)、一般皮膚疾患(薬疹や湿疹・皮膚炎、褥瘡、皮膚感染症など)、皮膚病変のプライマリケア(診かた、考え方)、基本的外科手技、植皮、リンパ節郭清など(皮膚良性腫瘍の執刀医として参加)
(18) 病理診断科
 手術検体の扱い方、肉眼所見の取り方、臓器・郭清リンパ節の切り出し、マクロとミクロの写真撮影、病理診断の基礎

研修医募集

研修医募集のお知らせ

研修医募集1
研修医募集2

研修プログラム

1日体験研修(病院見学)

当院での初期研修がどのように行われているのかを、医学生の皆さんに知っていただくために「1日体験研修」を行っています!
内 容 : 当院の研修医とともに、実際にどのような研修を行っているのかを1日体験する
期 間 : 通年(事前申込で希望する1日)※土日、祝日を除く
時 間 : 9:00~18:00頃まで(診療科によって集合時間が異なります。)
見学を希望される方は「1日体験研修(病院見学)申込書」に必要事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。 1日で2つの診療科を見学することも可能です。ご希望がございましたら、備考欄にご記入ください。

    [PDF]1日体験研修(病院見学)申込書

     [Word]1日体験研修(病院見学)申込書



※できる限り希望される診療科での体験をしていただきたいと思いますが、研修医のローテーション上、ご希望の診療科で研修できない場合もございます。

※県外からの見学希望者の方へ

当院までの交通費等一部支給を行っております。詳しくは見学申し込みの際にお問い合わせください。
また、複数の診療科を見学希望の場合は複数日の見学も可能です。

[お問い合わせ先]

担当 : 研修医事務係 前田
mail : sonomi30@kagomc2.hosp.go.jp
TEL : 099-223-1151
FAX : 099-226-9246

研修風景・研修を終えて

平成27年3月で2年間の初期臨床研修を修了した研修医の声です。

永田 祐貴

 2年間の鹿児島医療センター初期研修医としての生活がついに終わりを迎えました。
終わってみるとあっという間でしたが、短いながら非常に充実した研修を送ることができ、先生方をはじめ多くのスタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
今回、医師会報に寄稿する機会を頂きましたので、研修病院の選択について、考えている思いを書かせていただきます。
 学生の時、研修病院を探し始めた時には何を基準に病院を選んだらいいのか何もわからず、とりあえず有名な病院に行ってみようと思い、4年生の夏に東京のある有名研修病院に見学に行きました。
その時見学の案内をしてくれた研修医の先生に、「この病院は忙しすぎるからやめた方がいい」と言われたことを今でも覚えています。
その後、福岡や長崎の病院をいくつか見学しましたが、何となく自分にあってはいないような気がし、6年生になって初めて鹿児島の病院を見学しました。
その中で、鹿児島医療センターの研修医の雰囲気が最も自分に合っているという直感で研修病院を選択しました。
 有名な研修病院だからいい病院なのではなく、給料が高いからいい病院でもなく、自分に適しているかどうかがいい研修病院の選び方だと思います。
見学に来る学生には「いろんな病院に見学に行った方がいい。そうすれば自分なりの選択基準ができる。迷ったらうちの病院に来たら間違いない」といつも言っています。
 鹿児島医療センターは循環器、脳卒中、癌の3本柱を強みとしていますが、これは日本人の死因ベスト4のうち3つを占めています。
そのような病院で研修すると、人の死に直結する数多くのありふれた疾患を経験することができ、その中で様々な手技を経験させてくれるので、非常に充実した研修となりました。  鹿児島県の臨床研修病院は正直かなり厳しいのが現実だと思います。
東京や沖縄などには多くの有名研修病院があり、レジナビなどの臨床研修病院説明会ではやはりそういった病院に学生は集中し、鹿児島の研修病院は学生を何とか集めるのに必死な状況で、いつも悔しい思いをしてきました。
しかし、そういった研修病院で研修している研修医の話を聞くと、必ずしも充実しているわけではなく、少なくとも手技的な面では自分たちの方が多くの経験ができていると思うことも多々あります。
 自分の病院の特色を知り、それを学生のニーズに沿った形で、自信を持ってアピールすることができれば一人ずつでも研修医が増えてくれるのではないかと思います。
 4月からは私も研修医を指導する立場になりますが、今後も鹿児島で研修することの魅力を伝えていければと思っております。

『鹿児島県医師会報(平成27年4月号)に掲載されました』


久留 敏晴

 鹿児島医療センターで2年間医師として働き、最初の頃は何もわからず、多くの方にご迷惑をおかけしました。
しかし、みなさんのていねいな指導のおかげで何とか研修を無事修了し、医師としても、また、社会人としても大きく成長できたのではと思っています。
元々循環器が苦手で、少しでも改善できればと思いこの病院を選択しました。
そのおかげで、循環器への苦手意識は少し改善したと思います。また、循環器だけでなく、様々な科を回らせていただいて、とても勉強になりました。
 4月からは鹿児島大学神経皮膚科に入局することになりました。
また今後この病院に戻ってきてお世話になることがあるかもしれませんが、その際は少しでも研修医時代の恩を返せれば幸いです。
2年間、ご指導下さった先生方、スタッフの皆さん、そして医師という職業の喜びや辛さ、本当に大事なことをたくさん教えて下さった多くの患者さまに心から感謝いたします。
4月から皆異なった環境で、それぞれ医師としての新たなスタートをきることになりますが、これからも温かくそして厳しくお導き下さいますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。
2年間本当にありがとうございました。


―研修を振り返って―  児玉朋子

 この2年間多くの方に大変お世話になりました。
鹿児島医療センターでは、沢山の科を回らせていただきました。
ここは急性期の病院ですが、一人ひとりの患者さまから多くを学ばせていただきました。
研修を振り返ってみると、実際の診療から学んだことは鮮明に記憶にあり、同様の状況に応用させていただくことを繰り返すことで向上していけるのかもしれないと思いました。
また熱心な先生方が多く、医師となって最初の2年間にここで医師としての在り方を学べたことはとても幸運だったと思います。
そして、先輩や同期後輩も向上心がありいつも刺激を受けながらそして楽しく研修することができました。
コメディカルの方々も関わりが多く、相談したり違った角度からの意見が聞けたりということもありました。
このように振り返ると研修を有意義に過ごせたのは周りの方々のおかげだと改めて思いました。4月からは鹿児島大学病院の第2内科に入局します。
今後の診療で少しでもお世話になった方々に恩返しできるようこれからも精進していきたいと思います。
どうもありがとうございました。




平成26年3月で2年間の初期臨床研修を修了した研修医の声です。

今村 知彦

 大学時代から小児循環器志望でした。小児科ではgeneralな疾患を診る機会が多いため、初期研修はむしろ将来のサブスペシャリティの幅を広げられるような経験を身に付けようと考えました。そして、小児科では診られない成人循環器を経験するため、循環器で有名な鹿児島医療センターを選択しました。結論として選択は間違っていませんでした。
 高度な疾患も多かったですが、想定外に循環器以外のgeneralな疾患も多く経験したなというのが2年間を終えての印象です。また、370床という規模は、職員全員と顔見知りになれる点で大きな強みでしたし、アットホームな雰囲気の中で研修できたことは研修効率を格段に引き上げてくれました。多くの学会発表や論文作成を経験し、臨床だけに限らず学問という面でも、今後の医師人生における重要な礎が出来たように思います。同期はバラバラになってしまいますが、それぞれの地で経験を積み、またこの病院で共に働くことが私の夢です。2年間本当にありがとうございました。


岡田 敬史

 この病院で医師として働き始め、最初の頃は何もわからず、多くの方にご迷惑をおかけしました。しかし、困っているときはみなさんが本当に親切に指導してくださったおかげで何とか2年間の研修を無事修了することができました。元々循環器や脳卒中に興味があり、これらの分野の勉強をしてみたいと思いこの病院で研修をしようと心に決めていました。まだまだ勉強しなければいけないことは多々ありますが、多少なりとも自分の考えを持って、これらの疾患に対する診察をしたり、治療方針を決めることができるようになったのはいい経験になったと思います。
 4月からは鹿児島大学神経内科に入局することになりました。また今後この病院に戻ってきてお世話になることがあるかもしれませんが、その際は少しでも成長してみなさんのお役に立てるようになっていればと思っています。2年間ありがとうございました。


眞田 賢哉

 平成24年4月より2年間、鹿児島医療センターで初期研修をさせていただきました。大学を卒業し、実際に患者さまと接するに当たり、大きな不安がありましたが、先生方だけでなく、他の医療スタッフの方々からも優しく教えていただき、成長できたと思います。
鹿児島医療センターには医師としての基礎を教えていただきました。まだまだできないことは多くありますが、医療センターの名に恥じないよう精進していきたいと思います。
 4月からは北九州の産業医科大学に循環器内科医として勤務します。地元である鹿児島には将来帰ってきたいと考えています。医療センターに育てていただいた恩を少しでも返せるように、成長して戻ってきたいと思います。2年間お世話になりました。

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review