独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

文字の大きさ

看護部 下書き

看護部理念

患者さまの目線に立って、安心の看護信頼される看護責任ある看護の提供を目指します。

看護部運営方針

  1. 患者さまの人権を尊重し、一人ひとりの気持ちに添える看護を実践します。
  2. 専門性を追求し、安全・確実な継続性のある看護を提供します。
  3. 病院の使命と役割を認識し、看護職員の教育・研修を推進します。
  4. チーム医療を推進し、責任をもって個別的な看護を実践します。

3つの重点医療

3つの重点医療 心臓病・がん・脳卒中

心臓病、脳卒中及びがんの診療を柱とし、病む人と家族の目線に立った、分かりやすく質の高い医療を地域の医療機関と連携・機能分担しつつ全職員協力して提供します。

看護体制・看護方式・勤務体制

看護体制、看護方式パートナーシップナーシング(PNS)、受け持ち看護師制
勤務体制2交替制(ICUのみ3交替制)

病棟紹介

入院から退院後まで、安心して生活できるよう支援しています。

東2階病棟

ICU

主に術後の集中的な治療・看護を行っています。
専門的で高度な知識と技術を備えた看護師が、危機的状態におかれた患者さん・ご家族を支えながら安全安心・信頼される看護を提供しています。

東3階病棟

婦人科、皮膚腫瘍科・皮膚科、泌尿器科、小児科

各診療科の集学的治療を行う患者さんのケアを行っています。入院前から不安や意思決定支援として、患者さんの自己概念や日常生活の変化に対する支援を行っています。

東4階病棟

心臓血管外科、外科

手術が決定した時点で、入院前の過ごし方や手術について説明を行い、精神的に安定した状態で、手術が受けられうようにサポートしています。HCU4床を有し、術後の回復を通して、安心安全の看護を提供しています。

東5階病棟

脳血管内科、脳血管外科

9床のSCUを有し、脳卒中急性期の全身管理及び術後管理、また脳卒中リハビリテーション認定看護師を中心に多職種連携を図り、早期リハビリを行っています。

東6階病棟

循環器内科

循環器疾患急性期の生命危機状態にある患者さん、回復期から慢性期のコントロールを必要とする患者さんに対して、個別性に応じた看護を行っています。

東7階病棟

循環器内科、糖尿病内分泌科

循環器疾患に関する検査・治療・看護・療養指導を行っています。糖尿病内分泌科では、認定看護師を中心として、早期より多職種と連携を図りながらより良い看護の提供に努めています。

東8階病棟

消化器内科、腎臓内科

平成30年4月、新設予定

西3階病棟

耳鼻咽喉科、腫瘍内科

手術や化学療法、放射線治療を受ける患者さんに対し、安全で安心できる看護を提供しています。
また、月に1回の患者サロンや季節の行事、ミニコンサートを行っています。

西4階病棟

血液内科、腫瘍内科

無菌室を備え、化学療法、放射線治療、造血幹細胞移植治療を行っています。
また、ドナー登録施設として、骨髄採取を行っています。

手術室

手術件数は平成28年度3,156件で、患者のニーズに合わせた看護が提供できるよう質の向上に努めています。平成29年3月にはハイブリッド手術室も完成し、より安全・確実な治療を行うことが可能になりました。

外来

がん化学療法、糖尿病看護、放射線療法看護等の認定看護師が配置され、患者さまに専門的ケアの実施や、看護師教育などを行っています。
また、入院やがんについて様々な悩みや心配事について、解決の糸口を探すお手伝いをする窓口<メディカルサポートセンター>があります。

キャリアアップ

ACTyナースに沿った鹿児島医療センター看護部教育体系

管理

  • 幹部看護師任用候補者研修
  • 実習指導者講習会
  • 実習指導者研修

看護管理者看護師長、副看護師長

臨床 ジェネラリスト/スペシャリスト

ジェネラリスト

10年以上の看護経験を活かし、ジェネラリストとして、自己の経験知や看護観を後輩に伝える事や全体状況を理解し、適切な行動がとれる。

スペシャリスト

  • 集中ケア・救急看護・手術看護
  • 慢性心不全看護・糖尿病看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
  • 緩和ケア・がん性疼痛ケア
  • がん化学療法看護・感染管理
  • 皮膚排泄ケア・放射線看護
  • 認知症看護など

専門看護師、認定看護師

診療看護師、治験看護師

教育

  • 実習指導者講習会
  • 実習指導者研修

看護教員看護教員、養成課程

看護基礎教育

リフレクションしながら目指す看護に向かってステップアップしていく。

必須研修

レベル1
看護実践に必要な基礎能力を習得する。
レベル2
根拠に基づいた看護を実践する。後輩とともに学習する。
レベル3
個別性を重視した看護実践を実践する。後輩に指導的役割を果たせる。
レベル4
看護研究後輩の学習を支援する。チームリーダーとしての役割がとれる。

全体教育医療安全・感染管理・NST・RST・BLS

OJT

選択式自己研鑽研修

レベル5
看護研究専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究への取り組みができる。

呼吸ケア、摂食嚥下障害看護、ジェネラルナース研修、救急看護、家族看護、キャリアコース

全体教育医療安全・感染管理・NST・RST・BLS

OJT

認定看護師の活躍

11分野14人の認定看護師による指導〜自分の目指す看護に向かって学べます〜

集中ケア認定看護師

集中ケア認定看護師

集中治療室(ICU)に勤務し8年が過ぎた頃、「何か私にできることがあるのではないか」と考えたことがありました。同じ時期に、ある患者さんの死をきっかけに、「急性期看護の専門性を高めたい」という思いが強くなり、集中ケア認定看護師を目指しました。認定看護師になった今、緊急入院や術後の患者さんが少しでも安楽に、そして1日でも早い回復に繋がるよう看護ケアを行っています。また、院内外での実践指導を通して、看護の楽しさを伝えています。「自分の強みを生かし、その能力を現場に還元すること」これが私のモットーであり、患者さんが満足する看護の提供に繋がると感じながら、充実した毎日を過ごしています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師

がんになると患者さんやそのご家族は、様々な身体や心、社会的なつらさが起こり、自分らしく考え判断したり、過ごしたりすることが難しくなります。そのような患者さんやご家族のつらさをどのようにケアしたら少しでも楽になれるのか、より専門的な知識や技術を習得したいと思い緩和ケア認定看護師を目指しました。現在私は緩和ケアチームメンバーとともに患者さんとご家族の全人的苦痛を可能な限り緩和し、がんになっても自分らしくより豊かに生きていけるよう支援をしています。

新人教育制度

みんなで新人をサポート!

最初は患者様とのコミュニケーションに緊張していましたね。今では自然と思いやりあふれる声掛けや笑顔で、患者様に元気と癒しを分けてくれる看護師に日々成長しています。From アソシエイト

就職してすぐの頃は、業務をこなすことで精一杯でしたが、少しずつ患者様の目標に向かって看護を実践することが出来るようになってきました。まだまだ未熟ですが、先輩たちの熱心でやさしいご指導のもと、学びの多い日々を過ごしています。これからも患者様により良い看護が提供できるよう日々努力していきます。

入職した当初は不安気なことも多かったようですが、今ではPNSのペアナースとしてしっかり看護を行ってくれてとても心強いです。患者様とも笑顔でコミュニケーションをとることが出来ており日々成長を感じ、自分も頑張ろうと思えます。From プリセプター

成長を助けてくれる~若葉ファイル~

新人の1年間のスケジュール

新人の1年間のスケジュール

スペシャリスト紹介

当院ではキャリアアップのひとつとして認定看護師研修及び特定行為研修受講支援を行っています。
在籍している認定看護師は9分野11名です(平成30年1月1日現在)。また、特定行為研修修了者は1名です。
月に1回リソースナース会議を開催し、事例カンファレンスや様々な研修企画、看護研究に取り組んでいます。

認定看護師

感染管理
認定看護師(専従)
栗脇千春

感染管理は、病院に関わるすべての人を対象として感染から守ることを目的とした活動です。少しでも安心した入院生活や職場環境を送れるように、病院現場の現状把握や改善活動を組織横断的に行っております。

がん性疼痛看護
認定看護師(専従)
水流尚子

患者さまとご家族が安定した心身の状態でがん治療を受けることができるよう、主治医、看護師、緩和ケアチームと協力し、身体症状の緩和、精神的サポート、意思決定のサポート、療養場所の調整、家族ケアを行っています。

緩和ケア
認定看護師
川畑博美

緩和ケアの役割は患者さん家族が病を引き受け、自分らしく生活できるようサポートすることだと考えます。患者さんの語りを聴き、強みに目を向けながらチーム全体でケア実践できるように活動していきたいと思います。

糖尿病看護
認定看護師
赤尾綾子、尾辻真由美

私達糖尿病看護認定看護師は、患者さん一人一人の生活スタイルや意向に沿った療養支援が行えるよう、院内外で活動しています。医師や管理栄養士、臨床心理士、薬剤師、理学療法士と意見交換しながらよりよいチーム医療の提供につとめています。

がん化学療法看護
認定看護師
徳永志保、脇田由紀子、鮫島初美

抗がん剤治療を受ける患者さまが、安全に治療が受けられると共に、セルフケアを実践できるよう支援しています。また、免疫チェックポイント阻害薬を使用する機会も増え医師・薬剤師と連携を図りながら、副作用対策に取り組んでいきたいと思います。

脳卒中リハビリテーション看護
認定看護師
井手智子

脳卒中の重篤化を予防するためのケアと、患者さま・ご家族さまが安心して生活するための方法を一緒に考えていきます。脳卒中になっても「その人らしい」生活を送れるように支援します。

認知症看護
認定看護師
上別府恵子

認知症を持つ患者さまは、入院や治療という環境変化によって混乱を来すことがあります。患者さまが、安心・安楽に治療を受けられるよう療養環境を整え、その人らしさを大切しながら、笑顔でいられる看護を実践しています。

集中ケア
認定看護師
田代祐子

重症(手術後、緊急入院等)な患者さまが一日も早く回復できるよう、病態変化を予測した合併症予防やリハビリなどを行っています。呼吸サポートチーム(RST)の一員として、呼吸療法が安全に行えるように活動しています。

特定行為研修修了生

循環動態に係る薬剤投与関連
上脇美代子

「特定行為」・・・聞き慣れない言葉だと思います。特定行為は医師の指示の下、共に作成した手順書を元に行う行為です。特定行為としては1区分ですが、多職種の専門性を尊重しチーム医療のキーパーソンとなれるよう活動して行きたいと考えています。

活動の様子

糖尿病看護認定看護師によるフットケア

糖尿病看護認定看護師によるフットケア

緩和ケア認定看護師による出前講座(エンゼルケア)

緩和ケア認定看護師による出前講座(エンゼルケア)

先輩が何でも答えます!!

休みはどのくらいありますか。

1ヶ月に10日程あります。夜勤明けの次の日は必ず休みとなるため、しっかりと休息を取ることが出来ます。夏休みは約1週間あり、海外旅行など遠出もでき、リフレッシュ出来ます。

職場の雰囲気はどうですか。

明るい雰囲気で、何でも相談しやすい環境です。仕事帰りには、同期や先輩と食事に行くことも多いです。

子育てしながら働けますか。

私の勤務している病棟にも家庭と仕事を両立している先輩がいます。病院敷地内に保育園もあり、通勤の行き帰りで預けることができて助かっていると話していました。

職員住宅はありますか。

病院敷地内、もしくは敷地外の職員住宅を利用することが出来ます。他病棟の同期や先輩後輩もたくさん入居しているので、仕事だけでなくプライベートな面でも仲良くなることが出来ます。

ずばり!ボーナスの使い道は。

休みを利用して旅行に行ったり、普段は食べられないような高級なお肉をお腹いっぱい食べたりします。

看護部のお知らせ

2018.2.23医療関係…お知らせイベント看護部
看護体験(インターンシップ)参加者募集
2017.10.13医療関係…お知らせ看護部看護職員募集
非常勤職員(看護助手)募集
2017.9.29医療関係…お知らせイベント看護部
平成29年度  脳卒中看護エキスパートナース研修のご案内
2017.9.8患者さまお知らせイベント看護部
【9.10開催】第二回健康フェスタ in鹿児島医療センター

看護職員募集

看護職員を募集しています。詳しい情報はコチラ

独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター
099-223-1151 (代表)
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町8番1号
fax:099-226-9246
お問い合せはコチラ

page top

Copyright © 2015 National Hospital Organization Kagoshima Medical Center All Rights Reserved.


by Bliss Drive Review